スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『盲目物語・春琴抄』 谷崎潤一郎 

盲目物語は戦国時代のお話。
信長の妹であるお市の方に付いていたという設定の按摩さんの一人称です。
いかにお市さん(と、多分茶々さんのことも谷崎さんは書きたかったっぽい)が美しい人であったかが肉薄するように伝わる、谷崎さんらしい文章です(笑)
肌や髪や挙措動作が生々しく想像されます。
信長は悪役スタンス、秀吉はセクハラオヤジ臭く、旦那ズがやたらに男前。戦国がお好きな方ならば楽しめると思います。
火事のシーンから以降が個人的に好きです。

春琴抄は、視力を失った美貌の女性・春琴さんと、その下僕佐助の話。(ええー)
前半は苛烈すぎる春琴の性格に馴染みきれなかったのですが、視力を失って、更に佐助が彼女のために失明してから少し心を許した感じになりまして、そこから後の主従っぷりは好きです。
関西弁の喋りと、日本的な美しさで描かれる春琴は鮮やかに印象に残ります。
ただ佐助が目を突くシーンは痛すぎて直視できなかったです…(アイター)
しっかしこの春琴の春琴っぷり、谷崎さん楽しそうだなぁ…(笑)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。