スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『暗色コメディ』 連城三紀彦 

ミステリ長編。提示されてゆく謎と事件のあまりの不可解さにくらくらします。解説の有栖川先生はそれを眩暈と言いましたが、的を射ていると思います。
その不可解があまりに美しく幻想的なので、このまま謎が解かれず幻想小説として終わってくれてもいいと思ったくらいでした。ずっと浸っていたくなる目眩です。
でもしっかりと論理が付きます。多少こじつけがましいにしろ(笑)
普通なら狂気でミステリを片付けるのは好かないんですが、この場合狂気が作品の鍵になっているためか拒絶を感じないまま読めました。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/347-2cb87b02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。