スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今昔続百鬼―雲』 京極夏彦 

京極シリーズ番外作。ハナから「冒険小説」と銘打たれている通り、ミステリというよりは冒険モノであったと思います。シャーロックや乱歩に近いような。
多々良先生の行動がユーモラスなので基本はコメディなのですが、「古庫裏婆」は怖かった…。
本編にも絡んでくる内容なので、読んでおくと本編がより解りやすいです。
沼上君の一人称がひたすら可愛くて好きでした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。