スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジーク―月のしずく日のしずく』 斉藤洋 

異世界ファンタジー。キャラの立ち方と世界観が良く、大変面白かったです。
ジークと仲間たちの関わり方が好きです。トキメク…!
ノリは指輪物語とかああいう感じかと思いますー。アレは読んだことないのですけど。
父親に先立たれ、山でひとり暮らしていたジークの元へ出世した親友がやってきた。彼につれられ王都へ出たジークは、自分の出生の秘密を知ってゆく…ハラハラドキドキ、バトルアリ友情アリ話。
謎解き要素も多分にあるのが嬉しい(笑)引いた伏線を納めて行く腕はお流石です。
作品中からはまっすぐな倫理観が伺え、戦いを描いてはいるものの子供に読ませても大丈夫な作品だと思いました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。