スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『毒入りチョコレート事件』 アントニイ・バークリー 高橋泰邦訳 

有栖川先生が薦めていたミステリ。ハヤカワのミステリベスト100みたいなヤツにもランクインしているようです。
上質で公平な本格ミステリでありながら、本格の多くの作品で行われるアンフェアな書き方(手法)に対する批判とも読めます。
処々で言われる「本格へのツッコミ」は的を射ていて、作家が読んだら耳が痛いことでしょう。
探偵役は一人ではなく、事件に関わってくる人も含めると登場人物が大目なのですが、各キャラクターいきいきと書き分けられていました。
特に私は犯人の凛とした姿、幕切れがとても良かったと思います。
美味しい本格で、読後感も気持ちいい良作。さすが有栖川チョイスです(そこか)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。