スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サンタ・クルスへの長い旅』 ミヒャエル・エンデ ささきたづこ訳 

これも親子・家族関係がテーマといえると思います。
挿絵が元気いっぱいの男の子を上手に描き出していてとっても良かったです。溌剌!
子供の頃の限りない想像力が作中に溢れていて、そうそうあるある、と首肯することしきりでした。でも少しだけ現実というエッセンスを注して来るのがエンデだなぁとも。
とにかく主人公の男の子がかわいくて仕様がありませんでしたv

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。