スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ケストナーの生涯―ドレースデンの抵抗作家』 高橋健二 

エーリヒ・ケストナーの伝記。
生まれたころからお亡くなりになるまで、交友関係や住んでいた土地柄なども踏まえて書かれています。
高橋さんはケストナーとは交友関係にあったため、ケストナー自身の手記に加えて彼の周りの人から実際に見聞きしたこと、彼自身と付き合って得たものなどがふんだんに盛り込まれていました。
この一次史料の多さが美味しかったです。
高橋さんのケストナーに対する目線は優しく暖かく公平で、嬉しかったです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。