スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ご冗談でしょう、ファインマンさん(下)』 R・P・ファインマン 大貫晶子訳 

物理学者のR・P・ファインマンさんの自叙伝。
とはいえ、ファインマンさんの人生は愉快痛快面白い。口語の文体も読みやすく、時間軸に沿って様々なビックリエピソードが並んでいます。
自叙伝というよりエッセイに近いのではないでしょうか。
おちゃめで真っ直ぐで、興味があれば何にでも挑戦してしまうお人柄に惚れました。向上心溢れていて前向きで、ひたむきで、励まされます。
訳者さんも上手いです。そんなファインマンさんという人がよく顕れた日本語になっています。
楽しく、元気になれる本です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。