スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陰摩羅鬼の瑕』 京極夏彦 

概ね論理的ではあるけれども、薀蓄を取り除いたとき残るものはあまり多くないミステリだと想います。
キャラや筆致はとても好みなのです。でも、実は「ミステリ」として本当に必要な部分を突き詰めるとあまり濃い本ではないと思います。
ただ最後は救われた気持ちになりました。あの終わり方が好きです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。