スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幻想運河』 有栖川有栖 

本格ミステリ的を期待して読んでしまったので若干消化不良でした。
雰囲気は好きだけどそれだけだった感があります。

作品のつくりと登場人物が行うバラバラ殺人考の問題提起点が京極先生と被ってしまってた気もしました。
パクリと叩かれそうなほど同じじゃないけど似てしまっているような…『魍魎の匣』+『狂骨の夢』。
後者(殺人考)は、出される答えは違うんですけれども最初に考えたことが一緒。
二人の作家さんの考え方が似ているのか、話の流れとしてそういうバラバラ殺人に対する視点が必要だったのか。

幻想運河 (講談社文庫)幻想運河 (講談社文庫)
(2001/01)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。