スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』 島田荘司 

島 田 さ ん 最 高 … !!(絶叫)
おおおご馳走様でした…!とてもとても良い本格ミステリかつシャーロックのパスティーシュでございました。大好き。尊敬。しまださーんん!!(落ち着いて)
ええとええと。ロンドン留学中の夏目さんがとある悩みを相談に、シャーロックの元を訪れる、というロンドン舞台の本格ミステリです。
その頃のワトスン君と夏目さんの手記が後年になって発見されて、それを交互に並べた形の小説になっています。
先ずもうその手記が凄いんですね。
どちらも本人の手記にちゃんと似てるんです。
ワトスン君の分は、ああワトソンだな、と思う。夏目さんの方も、夏目さんらしいな、と思う。勿論島田さんテイストなので本物との違いはあるんですが、似てます。
特にワトスン君の方は上手いです。ワトスン(=ドイル)がホームズシリーズ中に頻繁に使う描写の仕方がきちんと出てくるんですよね。台詞も、仕草の書き方も、「そうそうワトソン君ってそういう風に書くんだよね…!」と頷くことしきりでした。
夏目さんが書いたことになっている部分は、私は彼の書き物を網羅した訳じゃないので本当に夏目さんを良く知っている方が読んだら色々とボロもあるのかもしれません。
でも私が読む限りでは漱石らしい文体になっていたと思います。そうそうこういう書き方するよねーと。
子規に言及してくれているのが特に嬉しかった。
夏目さんならあの頃のことを回想するなら書かないはず無いよね…ッ。
きちんと二人の交友を押さえてくれているらしい書き方に、胸が一杯になりました…。

そしてホームズの描かれ方も凄いです(笑)
一度島田さんは御手洗の口を借りてホームズに対して愛溢れるツッコミをしていますが、そういうユーモアのある形でホームズを愛している島田さんだからこそ書けたと言う感じ。
前半はもうホームズへのツッコミとおちょくりを小説化したと言っても過言ではないです。書いてるのが島田さんだから許せた内容です(笑)
ホームズシリーズを読み込んでるからこそ、そのおちょくりどころも的を射ていて大爆笑モンでした(笑)細かい芸が利いてます。読者もシャーロックを読んでいれば読んでいるほど笑えると思います(笑)
でも後半は、凄く凄くすごーーーくカッコいいホームズが見られてもう 大 満 足 。泣けるほど。
これも書いているのが島田さんだから出来たんだと思います。
ホームズのツッコミどころだけならずカッコいいところも知り尽くしているからこその原作に近いこの男前さ。
感激。

メイントリック&ロジックの方は、知識が無さ過ぎて正確なところどうなのかはわかりません。
でも私は良く出来ていたと思っていますv
どんでん返しと謎解きに継ぐ謎解き、そしてシャーロックらしい幕引きとその後の夏目さんに繋がってゆく幕引きと。嬉しくって好きで好きでたまらんでした。
久々の大ヒット。ありがとう島田さん…!(平伏)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。