スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホーキング、未来を語る』 スティーヴン・ホーキング 佐藤勝彦訳 

天才学者が物理(主に宇宙関係)について噛み砕いて語った本。
この前に「ホーキング、宇宙を語る」という本があるらしいのですが、こちらより難しいようなので読んでいません。
アインシュタインから始まって、ブラックホールとは何か、宇宙はどうやって出来たのか、宇宙はこれからどうなるのか、最後は自論に関することまで話してくれています。
私は正真正銘根っから文系で、物理は今まで一度たりともやったことがありませんが、何となく理解できた気分になれました。そのくらい易しく書いてくれています。
頻繁にジョークも飛ぶし、SF映画に言及する、つまり喋り言葉の語り口なので抵抗無く読めました。
小難しい理論を説明するための例え話が上手い上、図説もたくさん付いているのが理解を助けてくれます。
ある学者さんの論を引くときにはコラムのような形でその人の生い立ちなどが簡単に(面白く)書いてあるのも良かったですv
もし前に書かれていた理論や言葉の意味を忘れても、巻末に語録が付いているのですぐに確認できます。便利。
そもそも結構繰り返し説明をしてくれているので、あまりつっかえずに済みました。
後半の(発売当時の)最新の理論やホーキングの自論になってくると徐々に理解し辛くなったのですが、それでも全体として面白い物理本でしたv

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。