スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『扉は閉ざされたまま』 石持浅海 

2006年「このミステリーがすごい!」第二位だった作品。
ミステリと言えば、「密室の扉を破る」ことから話が始まるけれど、「密室の扉が破られない」作品を作りたかったんだそうな。
その通り、密室は出てきますが扉は閉ざされたまま、犯人と探偵役との静かな戦いが始まります。
扉、そして窓をおいそれと破らせないための舞台設定は中々だったと思います。
でも探偵役の言うことが屁理屈に近いのがどうにも納得行きませんでした。
犯人の言い訳は、筋が通るように思ったのです。
それを否定する探偵役のキャラクターには、「本格」と名の付く作品なら論理で勝負してほしかった。感覚や性格という曖昧なものではなくて。
またこの探偵役のキャラクターが、打算的過ぎて私には好きになれませんでした。
それから、以下は少々ネタバレですが、(反転)彼女が「冷静で冷たい」女性で、伏見さんのことを「この男は優秀で、利用できそう」という計算の上で恋人に選ぼうとしてフラれたのなら、単なる会社員になってしまった伏見さんに対してどうしてあんなふうに執着し続けたのかが解らない。性格の矛盾(破綻)を感じました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。