スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幽霊たち』 ポール・オースター 柴田元幸訳 

ミステリ仕立てですがモダニズムな感触。
ミステリ「仕立て」というのは、主人公が探偵で、彼が依頼を受けるのが話の発端だからです。
しかし謎は深まるばかりで解決はしません。
起承転結が無い話は気持ち悪いと言う人には向かないと思います。
個人的には話の持つ雰囲気が好きで、怒らず(え)最後まで読めました。
不気味でスリリングで空虚で哲学的。割りにキャラクターの一人一人が個性的であるのも面白いところです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。