スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『容疑者Xの献身』 東野圭吾 

2006年「このミステリーがすごい!」で、2位と2倍以上の得票差をつけて1位にランクインした作品。
さすが東野さんだと思うのは、きちんと「本格」であることです。物凄く読者に対してフェアでした。
探偵役・湯川教授と読者が持つ情報にはほとんど差が無く、読者が推理をすること(そして的中させること)が可能な作品に仕上がってました。
その分人によってはオチ(トリック・ロジック)がバレてつまらないものになってしまう…かと思いきやそこが解ってもまだ上手い騙しが隠れていて楽しめるんですねこれが…!
犯人の心理の作り方(描き方)もお上手で、純粋な推理に心理を加えた味のある作品に仕上がってると思います。
もんの凄い名作、と言うわけではないのですが、ミステリ初心者でも楽しめるエンタテイメントです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。