スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最長不倒距離 スキー場殺人事件』 都筑道夫 

とある作家さんがお勧めにしていたので読んでみたのですが、出来はイマイチでした。
最終的に犯人を絞る過程に論理らしい論理が無くて、どうして最後に犯人を指摘できたのかが最後まで疑問だったのです。勘か?(笑)
ただ探偵役とそのアシスタントがツボだったんですよ…!(また来たよ…)
何事にもやる気のないただれた探偵(オイ)物部太郎と、そのアシスタント片岡直次郎。
働くのが嫌いでやや我侭な物部と仲良しかつ物部に対して遠慮の無い割りに敬語キャラの片岡。ト キ メ ク (ダメ子)
まあでもそんなトキメキだけを目当てに読んでも損なだけかなと思います…(笑)
作者の願望めいたもの、もしくは男性読者へのサービス(笑)が見え隠れする女性の描き方もあんまり好きじゃありませんでした。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。