スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『死神の精度』  伊坂幸太郎 

2006年「このミステリーがすごい!」にランクイン。死神を主人公に据えたオムニバス短編集。
「重苦しい事実こそ軽く陽気に書かれるべきだ」という伊坂節全開の、読んでいて気持ちいい一冊でした。
一つ一つのお話も確かに面白いけれども、「傑作!」と叫んでしまうようなものではないのです。
でも最後の「老女VS死神」(でしたっけ題…!既に図書館に返してしまったので/汗)が締めくくりをものっすごく鮮やかに決めてくれました。お見事。
「さすが伊坂さんだなぁ」から、「伊坂さんすげえ…!!」に一気に評価が跳ねました。(解り辛いよ)
これがあるから、この本が素晴らしい成立の仕方をしているんだと思います。あると無いとじゃ大違いです。
個々それぞれにしても、提示される謎とその解決がどれもユニークなので楽しめます。
普通のミステリの根幹を揺るがしかねないネタもあって笑えました(笑うんか)
また、伊坂さんの書く人間は綺麗で、私には安心できます。
このほっとする雰囲気もとても好きですv

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。