スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本の青春 西郷隆盛と大久保利通の生涯 明治維新を創った男たちの栄光と死』 童門冬二 

タイトルの割には勝と坂本への視点転換が顕著で、大久保さんの影が薄くてさびしかったです…。
主役が西郷で準主役は勝。そんな感じ。
また、役職や状況を現代に引き寄せてくれるのは感覚的にわかりやすくはあるんだけど、寄せられ過ぎていて人物が小さく見えました。
特に西郷さんは。ずいぶん器が小さい男に見えてしまってた。
独自の論らしきものが諸所に見えて、小説では無いもののあんまり参考にできる本でもなさそうです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。