スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幕末』 司馬遼太郎 

幕末の暗殺事件をテーマにした短編集。メジャーな人からマイナーな人まで。
時系列で並んでいるのかと思いきやそうでもないのか…?

『桜田門外の変』 薩摩藩士有村治左衛門らVS井伊直弼
茫洋とした主人公が好きでした。
メモ:その兄は大久保・西郷に取り立てられて明治では出世

『奇妙なり八郎』 清河八郎
七星剣という名刀を手にした文武両道天才の話。
主人公が尊大であまり好きになれませんでした(笑)
自己過信が過ぎて破滅するタイプ。

『花屋町の襲撃』 陸奥陽之助VS新撰組
坂本・中岡の敵討ちに乗り出す陸奥の話。しょっぱなからあの忍ルックで描写されていて笑いました(オイ)
理系の文官(矛盾してません)扱いで、刀の方はあんまり褒められてません。
クールな男な感じで男前な陸奥でした。

『猿ケ辻の血闘』 大庭恭平(会津)、田中新兵衛(薩摩)らVS姉小路公知
慶永は京都で人気があったらしい(メモ)
結局本当のところどうだったのか謎。そこを創作してしまわない辺りが司馬さんらしいのかもしれない。

『冷泉斬り』 間崎馬之助(長州脱藩浪人)他VS冷泉為恭
幕末→明治辺りの滑稽さが上手く描かれていると思います。
最早意味が薄れだしている「暗殺」が不条理に感じられて詮無かったです。

『祇園囃子』 山本旗朗(土佐)VS住谷寅之助
とにかく女の子に失礼じゃき…!!(笑)
や、司馬さんの描写が上手でウッカリ私もちょっとキモいかもとか思ってしまいましたけれども!(ひどい)

『土佐の夜雨』 大石団蔵、那須信吾VS吉田東洋
東洋先生暗殺話。
なかなかはっちゃけた東洋像です。
岩崎(弥太郎)、容堂様、後藤(象)など土佐の豪華どころもご出演。
東洋先生に使われてる弥太郎が可愛かったですv

『逃げの小五郎』 桂小五郎
女の子をタラシて潜む小五郎さんが可愛かったです。(…)
司馬さん小五郎さんへの評価は低い?

『死んでも死なぬ』 井上馨+伊藤博文
……司馬さんこの二人お嫌いですか。(笑…)
これから井上伊藤を知った人は引くんじゃないかと思うようなあられもない書かれっぷりです。どこまでホントなんだろう。

『彰義隊胸算用』 天野八郎、寺沢新太郎らVS渋沢成一郎
渋沢せこくてヘタレだなー(笑)栄一のお従弟さんです。
金の羽振りのよさで人心掌握する渋沢と、人徳でがんばるんだけどなかなか渋沢に勝てない天野ら。苛々が伝わってくるようです。
その喧嘩に振り回されてるエノさんたちはいい迷惑そうでした…(笑)

『浪華城焼打』 田中顕助(土佐)
「花屋町の襲撃」「土佐の夜雨」などでも顔を出してるんですが、田中君の登場ですーv高杉の忠犬。(嫌な認識)
童顔で、稚児とまでいわれてしまった田中君に山田様の面影を見ました…。(嫌な共通点)思ったより強かで抜け目ない感じのキャラクターに仕上がってたので、むしろ山田様と伊藤を足して割ったような感じかもしれません。
田中君入門(え)にはよい一遍かと思います。
むしろこの「幕末」と言う一冊に一番多く出てるのが多分田中君です。田中君オムニバス?(笑)

『最後の攘夷志士』 市川精一郎(三枝蓊(しげる))VSパークス
田中君がやっぱり出張ります。かわいいやつです。器は中ぐらいです。大きくもないけど小さくもない。
幕末「攘夷」明治「開国」という維新志士の矛盾を痛く突いて来ます。ラストが切ない。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。