スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雪密室』 法月綸太郎 

クイーンの本格を愛する現代作家と言えば、有栖川と法月さんだと私は思ってますv
そんな法月先生の、「法月綸太郎」シリーズ第一作目。
タイトルの通り雪と密室、という「僧正殺人事件」以来定番のシチュエーションを扱われています。「僧正」のネタバレもアリですが、注意書きがあるので良いかなと。
でもその後の法月親子の会話で「僧正」トリック推測出来ちゃったからショックでしたけども…!(悔)
法月さんの出来に戻ると、トリックの方は少々無茶です。
ただ、クイーン以来の「本格」を愛してその方向へ行きたいと思われていることは伝わってきます。
法月親子はまんまクイーン親子ですね。
綸太郎からの「お父さん」って呼び方とか、法月父の親ばかっぷりとか(笑)クイーンっぽさ溢れてます。
クイーンの模倣と言ってしまえばそれまでですが、クイーンに飢えてる私としては結構楽しくありがたく読みました(笑)
今すぐシリーズ制覇したい! と思わせるほどではなかったですが、「本格」に拘って書いてくれそうな方なのでそのうち他の本も読んでみたいです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。