スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アクロイド殺人事件』 アガサ・クリスティー 

発表当時フェアプレー論争の勃発によってでクリスティーの名を広めた「問題作」。ポアロもの。
そのフェアプレー論争や問題の核心についてちょっとでも知っているとトリックはすぐに解ります。だからその辺は何も知らないで読むのが一番だと思います…。
私は悲しいことに、授業で先生が喋っちゃったので!(泣)
一度しか使えないトリックだけど、初出時に論争がおきたことも読者が綺麗に騙されたろうことも想像はつきます。
バリエーションにもしようがないので、後続はみんな「クリスティーの模倣」でしかない作品になってるでしょうな。
さすがクリスティでした。

しかしこの作品においてポアロが犯人にしたことは犯罪的だと私は思います。ポアロの倫理観とホームズ嫌いが、ポアロを好きになれない理由ですね(笑)
ヘイスティングス君不在は寂しかったけど、寂しがるポアロは可愛かった。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。