スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペルシャ猫の謎』 有栖川有栖 

「切り裂きジャックを待ちながら」
漫画みたいだった。死体の登場の派手さとか。画面が酷く耽美的に美しくて好き。

「わらう月」
アリスじゃない一人称。ラストが良かった。

「暗号を撒く男」
纏め方が綺麗でした。

「赤い帽子」
これで本格的に森下君が好きになりました(笑)

「悲劇的」
ものすごく火村氏らしいな、と。哲学的。

「ペルシャ猫の謎」
うーんこれはちょっと反則かな、と思います。

「猫と雨と助教授と」


サイドストーリー的な、ミステリ色の低い感じの1冊。

ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)ペルシャ猫の謎 (講談社文庫)
(2002/06)
有栖川 有栖

商品詳細を見る
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。