スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コフィン・ダンサー』 ジェフリー・ディーヴァー 

字であることを逆手に、っていうか読者と探偵さんの思い込みを逆手に取った作品。
キャラクターに愛着ができた分彼らが傷つくのが怖くて(ボーン・コレクターのラストは壮絶だった;)、多少びくびくして読んだけどやっぱり細部まで活かされてるいい一編だった。
科学に素養があれば多分もっと楽しめるんじゃなかろうか。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。