スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『騙しの天才 世界贋作物語』 桐生操 

金子みすヾ・宮沢賢治、ときてしまうと、日本語の荒さが気になるのは仕方のないところかな。
ちょっと解りにくい言い回し・微妙におかしな日本語がありました。
世界各国のいたずら・詐欺・泥棒話ですね。短編集。憎めないです。
「ブルーノ・グレーニング」という、キリストと同じ奇跡(治療)を起こした男の第二マネージャーがシュミットさんで笑った。(笑)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。