スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『百鬼夜行―陰』 京極夏彦 

掌編集。
今までの長編小説に出てきた脇キャラ+関君(…)がメインになっています。
オムニバス的に京極堂だけは登場してくるいつもの形とは逆に、一切京極堂が出てこない、というつくりが新鮮でした。
またミステリではなく純粋に妖怪小説になっているのも意外なところ。雰囲気を楽しむ伝奇系作品の一種、だと個人的には思います。漂う空気が妖しくうつくしいです。
何人か知らない人もいたんですが、あれは出てきていないのか忘れてるのか(笑)たぶん忘れてるんだろうなー;;
ここまでの再読がしたくなります(笑)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。