スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『年収300万円時代を生き抜く経済学 給料半減が実現化する社会で「豊かな」ライフ・スタイルを確立する!』 森永卓郎 

モリタクさんのわかりやすい経済話。表題のような内容は最後のまとめに持ってきてあり、それまでに現在の日本経済の概説的な話をがっと簡単に語ってくれています。
基本は反小泉政策。よく言われる小泉政治の「弱者切捨て」とはどういうことかがよく解ります。
個人的にも経済や労働の形としては欧型(というかドイツ)に好印象があるのでそちらに方向に流れてほしいんですが(笑)モリタクさん曰く、ヨーロッパ型よりアメリカ型に流れているのが現在の日本経済の状況だと。つまり今日本は金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏人になる方向へと金持ちの手で誘導されていっているということですな。
この本の発行は確か2002年で、「将来はこうなるだろう」と予測で書かれている内容も概ね的を射ているようでした。
やや小泉政権に対して穿ちすぎな見方かな、という印象はあるものの、私に経済はサッパリなので何とも言えません。理解しやすく、役立つ知識、という意味ではオススメだと思いますv

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。