スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『葉桜の季節に君を想うということ』 歌野 晶午 

この本は私より先に母が読んでました。
2004年のこのミステリーが凄い!で一位にもなった作品で、母的には風俗とセックスの描写が結構あるから私には読ませたくなかったけどミステリとしての出来が良かったからそんなのどうでもよくなったんで読んで!という感じだったようです(笑)
が、正直出来はそんなでもなかった。(笑)
トリックには私は気づかず読みました。でも慣れた人ならすぐ気付いたでしょうし、ネタ晴らしの後も「あーそーか」くらいの感慨しかなかったです。悪くはないけど激賞するほどのものでもありませんでした。
現代風刺的な題材を扱ったという点では頑張ったで賞。それに関連する巻末語録は面白い。
タイトルは上手いです。中身をきちんと表しているし響きも良いと思います。横文字じゃないし。
ただ本文にはちらほら意味のない横文字が見えたけども。
不必要なまでのカタカナ外来語使用があまり好きではないのです。ことプロの文章と政治家に関しては。
他の人がやらないことをやるのがカッコいいという心構えには同意しますが、コレと同系のひっかけは今までにもたくさんの人がやってます(笑)もう一ひねりほしかったです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。