スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リムレスの空』 榎田尤利 

魚住君シリーズ最終巻。
私が好きな、「恋人」の形って、こういうピッタリフィット感というか優しさなのだと思います。久留米さんの優しさは凄く好みだ。
外から見たふたりが多くてもどかしい感はあったけども、「もっと読みたい」と思わせる終わり方って上手いと思う。
「外から見た形」でむしろそろえたのかな。
全体を通して痛い話でしたがその痛さをキチンと書いていたと思います。安易に書いてない。精神病や、施設や、そこにいる人の中身。
そんでもってこのひとの「親」観が良く出てる。
ほとんどのキャラクターが同じ観念を持ってる感じがするのは、作者の投影チックな気がするけどまあ置いといて。
あまり他のマンガじゃ言われない、でも共感できる「親観」だった。
これもシリーズを通じてあったものだけども。褒められた親、ってのがいないよね。
唯一救いのありそうな久留米宅は全く書かれなかったけども、逆に問題がないから書かれなかったんだろうか。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。