スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団』 山本敏晴 

すっげえ…カルチャーギャップというか。うーん。
ネズミよりもでけえ黒い妖精さんにハナから引いてしまった…(それはいいから)
とても解りやすい本。もう少し若い人でも絶対読みやすい。
すげえなあ…国境なき医師団って。
シエラレオネって国の名前がもっともっと知られるようになって、もっともっとよくなっていくといい。
シエラレオネの内情は苦しかった。痛かった。痛かった。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。