スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自由の牢獄』 ミヒャエル・エンデ 

エンデの短編集。児童文学というカテゴリではないので、もっとサスペンスな感じ。
「遠い旅路の目的地」の主人公が少しシュミットににていた。(シリル?)
影の国の住人の話は、怖い。
アイディアは真剣に秀逸。真面目に面白い。読み解いていくのがいとおしい。
でも児童文学って優しい枠の中にないからなかなかリアルに怖い。
この短編集には、ひとつの話ひとつの話、それぞれに固定の「イメージ」「一枚絵」がある。
それを読み手に作らせるって、やっぱりこの人は凄いと思う。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。