スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1時間でわかる―図解ディベート入門』 松本道弘 

『2時間でわかる 図解 ディベート入門』を改変・改題した、ディベートの基礎解説本。
どちらかというと具体的な技術について読みたかったのですが、本書の中心は思想でした。
「ディベートというものをどう捉えるか」の話に重点があるように思えます。
ディベートの議題についてどう考えるか、であれば興味があったのですが。
また、ディベートの素晴らしさや社会的有用性、筆者がディベートをどう広めて行きたいかなどが推されているのがちょっと押しつけがましく感じてしまいました。
筆者のディベート愛はもの凄く伝わってきます。
ディベートにまつわる哲学や概念、ディベートそのものの魅力を知りたい方にはお勧めかもしれません。

図解 ディベート入門 (1時間でわかる図解シリーズ)図解 ディベート入門 (1時間でわかる図解シリーズ)
(2010/09/18)
松本 道弘

商品詳細を見る

スポンサーサイト

『スパッと決まる!プレゼン―3ステップで結果を出せるトータルテクニック』 山田進一 

パワーポイント(又はその他の資料)の見せ方を中心としたプレゼンのやり方についての本。
内容はざっくりと

(1)資料作成の基本
(2)内容(ストーリー)作りの基本
(3)実例
(4)資料作成に関する小技
(5)プレゼン直前・最中に気を付けること

という感じです。
とにかく資料作成についての説明にページが割かれており、内容のまとめ方や説明の仕方について詳しく知りたかった私にはあまり合わなかったです。
ページの半分以上がパワーポイントの作例や、作成時のポイント(色やフォントなどのビジュアル的効果など)のお話になっています。
パワーポイントの作例については20種類以上挙げられているので、色々なプレゼン資料を見て参考にしたいという方には良いかもしれません。

スパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニックスパッと決まる!プレゼン 3ステップで結果を出せるトータルテクニック
(2011/06/24)
山田 進一

商品詳細を見る

『ディベートの基本が面白いほど身につく本』 太田龍樹 

ディベートのやり方と日常生活及びビジネスへの活かし方についての本。

主な章立ては
(1)ディベートの技術が人生の何に役立つか
(2)ディベートの流れ、ルール
(3)各局面でのポイント
(4)実生活に応用できるテクニック
(5)訓練方法

(1)については抽象的・哲学的な書き方でちょっと驚きましたが、(2)~(3)がとても実践的で分かりやすかったです。
特に反駁については、どのように反駁の論を組み立てて行くのが良いか思考の流れが示されていて参考になりました。

本文のレイアウトは見開きの右側にトピック+説明、左ページに図解という作りが全編貫かれています。
図解で理解しやすくなる内容もありましたが、逆に読みにくいところもありました。
特に統一しなくても良かったのでは。

ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)ディベートの基本が面白いほど身につく本―論理力・説得力・対人力が高まるトレーニング (知りたいことがすぐわかる)
(2007/04/10)
太田 龍樹

商品詳細を見る

『あなたの話はなぜ伝わらないのか?』 別所栄吉 

仕事上のコミュニケーション、プレゼンなどをより良いものにするコツが纏められています。
具体的には、

・「話をする」以前に必要な土台のこと
・話をするときはどのような内容を・どのような順番で話せば良いか
・説得力を増すにはどうしたら良いか
・分かりやすい文書の書き方
・分かりやすい話し方
・理解を助けるスライドを作るポイント
・聴き手のリアクションの意味

など。
例示が多く挙げられ、かつ適宜そのときの重要な部分が図式化されており、理解しやすかったです。

ただちょこちょこ差し挟まれる政治批判がちょっと浮いていたような。
当時の与野党の国会でのやりとりを長々と引用して「ここは論理的ではない」「ここはこう反論すべきだった」と批評してあったり、質問の仕方がダメな例として挙げてみたり。
そのときのトピックの例として挙がっているのではありますが、適切であったのかどうか。
政治家を悪く言うために無理やり挿入した例のようにも見えてしまいました。

あなたの話は、なぜ伝わらないのか?あなたの話は、なぜ伝わらないのか?
(2011/01/25)
別所 栄吾

商品詳細を見る

『あたりまえすぎて誰も教えてくれなかった!! プレゼン以前の発表の技術』 尾形僚 

「プレゼン」というかっちりとした発表でなくても、職場で何らかのテーマについて話すことを求められることはままある。
上司への報告、会議で意見を言うこと、諸々の挨拶など。
それら「プレゼン以前」の発表、ひっくるめて自分の意見を人前で話すときのコツについてまとめられています。
難しい技術はありません。
簡単に試せそう、かつ改善に繋がりそうなものが多く、今度機会があったら注意して話してみようと思いました。

プレゼン以前の発表の技術プレゼン以前の発表の技術
(2011/10/18)
尾方 僚

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。