スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年読書のまとめ 

今年は前半に読めなかったぶん、10月から全力で巻き返しを図りました。
もうとにかく楽しい読書に飢えていて、エンタメ系がつがつ読みました。
全体的に60~70点くらいの本にたくさん当たった年でもありました。
私にとって100点!120点!!神だろ!!!!!というレベルの作品は残念ながら無し。来年に期待です。
あとはシリーズものの当たり年でした。
追いかけたいシリーズがぐぁっと増えました。
具体的には革命シリーズ・鉱物シリーズ(五條瑛)、石動もの(殊能将之)、バッカーノ(成田良悟)この辺は既刊をガンガン読みきりたい。
あと思いついたように名探偵エミールもの(シムノン)と黒後家(アシモフ)も読む予定。


以下は今年特に面白かった本。
『綾辻行人と有栖川有栖のミステリー・ジョッキー』
綾辻・有栖川の掛け合いが楽しいことと、短編を実際に挟んでそれについて語るという形式がミステリマニアに優しい。
ふたりの選ぶ作品ですから本当に面白いしね!

『イデアマスター』 若木未生
グラスハート完結編。やっぱり若木さんの日本語ってスゲエ。
テン・ブランクの皆さまも、オーヴァークロームのお二人も、彼らを支える人たちも、みんな素敵だ。

『殺戮にいたる病』 我孫子武丸
個人的に、今年のミステリベストワン。ただしグロい。

『わが手に拳銃を』(『李歐』) 高村 薫
読み終わった後、時間がたつにつれじわじわっと愛着が増していった不思議な作品。

『鏡の中は日曜日』 殊能 将之
石動ものの2作目? かな?
『樒/室』も併録の文庫版推し。
作りの意外性をすごく楽しんだ。

『バッカーノ!―The Rolling Bootlegs』 成田 良悟
シリーズどれも面白く読んでるけど、やっぱりインパクトは1冊目かなー!
アルヴェアーレにあいつらが乗り込んできてから後の勢いのいい物語の転がりっぷり、爽快でした。

『プラチナ・ビーズ』 五條 瑛
『断鎖(Escape)』五條 瑛
五條作品2つまとめて。
どちらもスケールが大きくてわくわくするし、今の自分の興味にぴったりだったので楽しかったです。
文庫版推し。


「続きから」は2009年に読んだ活字の一覧です。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。