スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年読書のまとめ 

年末ということで総括してみる。

【面白かった本】

----別格----
有栖川有栖作品
ぜ…全部面白くて全部好きなので…(…)
クオリティ高いと思った順に並べると個人的にはこう→『妃は船を沈める』『火村英生に捧げる犯罪』『壁抜け男の謎』『鏡の向こうに落ちてみよう―有栖川有栖エッセイ集』『正しく歴史に遅れるために―有栖川有栖エッセイ集』 『謎は解ける方が魅力的―有栖川有栖エッセイ集』
しかし今年は有栖川新刊ラッシュで追いかけ切れてません(笑)お疲れ様です御大。
じわじわ読ませて頂きます!

----殿堂入り----
『鋼鉄都市』~『ロボットと帝国』+短編「ミラー・イメージ」アイザック・アシモフ
つまりダニール&イライジャもの5作品。
キャラクター、世界設定、ミステリとしての出来など全て素晴らしいと思います。だいすき!

★★★★★:星五つ
『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎
各賞各本ランキングを総ナメにした長編エンタメ、これはほんと凄かった。ページをめくる手が止まらない。

★★★★:星四つ
『よろづ春夏冬中』 長野まゆみ 080616
長野まゆみ史上でも個人的に一番好きです。こういう雰囲気のエロスが書いてみたい。

事件シリーズ(『殺竜事件』~『禁涙境事件』以下続刊)上遠野浩平
異世界ミステリもしくはSFミステリ。
キャラ良し世界観良し、そしてそれを生かしたロジック良し。
ちょっとうぶめとアシモフを足して割ったような雰囲気があると思いました。

『沈黙のメッセージ』ハーラン・コーベン080804
マイロンものはキャラへの愛を度外視すると「シリーズで」勧めるまでのクオリティではないかなと思い一作目押し。
スピード感溢れるミステリ&サスペンス。
キャラ立ちも良くて、悪い意味ではなく漫画的な読みやすさがあります。

ジーヴス&バーティもの P・G・ウッドハウス
これを読まずして英国執事は語れない、元祖「執事と主人」もの。大変に笑えるドタバタコメディです。
ジーヴスの腹黒さは戦セバ(池田乾さん)のセバスチャンに通じるものがあって、ときどきうーさまはジーヴスを首にしたほうが幸せなんじゃないかって思う(…)
メロディでコミカライズもされました。白泉社は相変わらずいいセンス!

★★★:星三つ
ソウルドロップシリーズ(『ソウルドロップの幽体研究』~『トポロシャドウの喪失証明』以下続刊)上遠野浩平
ペイパーカットとあだ名される謎の怪盗を追う保険屋の話。
初期はミステリっぽいエンタメ、最近はサスペンス系エンタメ?

『晋作 蒼き烈日』 秋山香乃 080517
秋山さんの長州待ってました!
もー秋山先生の長州っ子が可愛くて可愛くて大好きです。
山田の出番の多さもたまらん。初々しい晋作と奥様、晋作とおうのちゃんもたまらん。

『悪の起源』 エラリイ・クイーン 青田勝 080615
長編本格ミステリ。ここから読んでも面白さはあまりないと思うのですが、シリーズで追いかけていると面白いです。

『誰の死体?』 ドロシー・L・セイヤーズ 浅羽莢子 080803
ピーター卿シリーズ1作目。
2作目以降は1作目ほどの面白さを感じなかったので、シリーズの途中から未読です。

『小さき者へ・生れ出ずる悩み』 有島武郎 080710
ヒロイックな感触は確かにありますが、力強い文章でした。エールというかアジっているというか。
読んでいると煽られてしまって気持ちがふわふわしてくる。


【まとめ】
海外小説の当たり年でした。
触ったことなかった作家さんやジャンルにもたくさん手を伸ばせて良かったです。

スポンサーサイト

12月の読了本まとめ 

『図書館戦争』 有川浩 081202
『図書館内乱』 有川浩 081204
『大きな熊が来る前に、おやすみ』 島本理生 081205
『でかした、ジーヴス!』 P・G・ウッドハウス 森村たまき 081211
『図書館危機』 有川浩081212
『トポロシャドウの喪失証明』上遠野浩平 081212
『図書館革命』081212
『完全恋愛』 牧薩次 081216
『別冊図書館戦争Ⅰ』 有川浩 081219
『別冊図書館戦争Ⅱ』 有川浩 081219
『ぼくらは虚空に夜を視る』 上遠野浩平 081219
『わたしは虚夢を月に聴く』 上遠野浩平 081220
『あなたは虚人と星に舞う』 上遠野浩平 081220
『毒蛇』 レックス・スタウト 佐倉潤吾 081224
『冥王と獣のダンス』 上遠野浩平 081225
『機械仕掛けの蛇奇使い』 上遠野浩平 081225

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。