スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドイツの中のユダヤ―モダニスト文化の光と影』 ピーター・ゲイ 河内恵子訳 

「近代のユダヤ人はモダニストであるという論調があるがそれは本当か」「近代におけるユダヤ人の位置付けとは」「ユダヤ人のドイツへの同化願望の実態」「ドイツの都市とユダヤ人」、そんな本です。
一章まるまる割かれたフロイトの話は彼の思想についての話に行が割かれているものの、伝記じみてて楽しかったです。
しかし全体的に話が濃い・抽象的・修飾的で、読むのが大変でした。
もう少し主語と述語をスッキリさせてくれたら嬉しかった…(笑)
近代のユダヤ人の作家・音楽家さんなど+近代のドイツとユダヤ人との関係についての基礎知識がないと解り辛いと思います。
しかし逆に言うと、~近代(近代以前に関してもざっと撫でてくれてます)のドイツとユダヤ人の関係について複数のテーマから書き出してくれているので、そういったテーマを深めて行きたい場合は使えるかもしれません。特にその頃活躍したユダヤ人の芸術家さんに関して(有名どころだけかも知れないのですが/詳しくないので何とも言えない)は手広く扱ってくれているように思いました。
ユダヤと言うテーマを専門でやってる先生が参考図書で出してきたものでもあるので、悪い本ということは無いと思います。

『江戸・東京の中のドイツ』  ヨーゼフ・クライナー 安藤勉訳 

江戸~明治期に来日したドイツ人について簡単にまとめてあります。
どのテーマでも日本にある関連史跡について一度は言及があるんですが、その周辺の風景描写が綺麗でした。
ヤン・ヨーステンとかブラウンとか、『日独文化人物交流史―ドイツ語事始め』と被ってる人物も居ますが、大方新しいかもしくは人物が被ってても新しい情報が提示されていたと思います。
写真が多いことも嬉しい。それから参考文献リストも良かったんですが、著者が日本人じゃないので横文字モノが多かったのが残念(笑)
語学を磨けと、そういうことかヨーゼフ!(お友達かよ)
6章以降くらいから明治政府のお歴々が話に絡んできて楽しかったです。
特に井上馨の名前を多く見た気がします。
意外な所でドイツの方が腕を揮っていて、近代日本とドイツのかかわりの深さを改めて感じました。
買いたい(宣言)(しとかないとすぐ忘れそうなんで)(鳥頭!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。