スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『山河ありき 明治の武人宰相桂太郎の人生』 古川薫 

桂太郎さんの幼少からお亡くなりになるまでの小説。
どうしても時代が時代だから日露が大きく扱われて、その間桂の影が薄くなりがちだったのがちょっと寂しい。
日露になると児玉に視点が行くので、裏主人公児玉と言ってもいいかもしれません。
今まで私が見てきた桂は、原視点・児玉視点・尾崎視点・犬養視点…という感じだったので、本人の視点を見ていくのは新鮮でした。外から見た桂の意図と古川さん式桂の意図が全然違ったりして。
古川式桂は結構回りに振り回されてて可哀想です…。特に山県に(笑)
軍・政界どちらにも関係していた上長州閥の桂なので、登場メンバーの豪華さも嬉しかったポイント。
木戸さん伊藤井上らが出てくるかと思えば原西園寺杉山らも出てくると言う。
特筆人物はもちろん山田…!
チラリって感じだけども古川さんお流石です(笑)随所随所に山田が顔を出してくれる。大好きなので嬉しかったです。
あと女性関係がオクテで可愛かった。
割合史料に基いて、押さえるところは押さえてくれた印象です。
長州スキーさんには楽しめると思います。

スポンサーサイト

『幕末』 司馬遼太郎 

幕末の暗殺事件をテーマにした短編集。メジャーな人からマイナーな人まで。
時系列で並んでいるのかと思いきやそうでもないのか…?

『桜田門外の変』 薩摩藩士有村治左衛門らVS井伊直弼
茫洋とした主人公が好きでした。
メモ:その兄は大久保・西郷に取り立てられて明治では出世

『奇妙なり八郎』 清河八郎
七星剣という名刀を手にした文武両道天才の話。
主人公が尊大であまり好きになれませんでした(笑)
自己過信が過ぎて破滅するタイプ。

『花屋町の襲撃』 陸奥陽之助VS新撰組
坂本・中岡の敵討ちに乗り出す陸奥の話。しょっぱなからあの忍ルックで描写されていて笑いました(オイ)
理系の文官(矛盾してません)扱いで、刀の方はあんまり褒められてません。
クールな男な感じで男前な陸奥でした。

『猿ケ辻の血闘』 大庭恭平(会津)、田中新兵衛(薩摩)らVS姉小路公知
慶永は京都で人気があったらしい(メモ)
結局本当のところどうだったのか謎。そこを創作してしまわない辺りが司馬さんらしいのかもしれない。

『冷泉斬り』 間崎馬之助(長州脱藩浪人)他VS冷泉為恭
幕末→明治辺りの滑稽さが上手く描かれていると思います。
最早意味が薄れだしている「暗殺」が不条理に感じられて詮無かったです。

『祇園囃子』 山本旗朗(土佐)VS住谷寅之助
とにかく女の子に失礼じゃき…!!(笑)
や、司馬さんの描写が上手でウッカリ私もちょっとキモいかもとか思ってしまいましたけれども!(ひどい)

『土佐の夜雨』 大石団蔵、那須信吾VS吉田東洋
東洋先生暗殺話。
なかなかはっちゃけた東洋像です。
岩崎(弥太郎)、容堂様、後藤(象)など土佐の豪華どころもご出演。
東洋先生に使われてる弥太郎が可愛かったですv

『逃げの小五郎』 桂小五郎
女の子をタラシて潜む小五郎さんが可愛かったです。(…)
司馬さん小五郎さんへの評価は低い?

『死んでも死なぬ』 井上馨+伊藤博文
……司馬さんこの二人お嫌いですか。(笑…)
これから井上伊藤を知った人は引くんじゃないかと思うようなあられもない書かれっぷりです。どこまでホントなんだろう。

『彰義隊胸算用』 天野八郎、寺沢新太郎らVS渋沢成一郎
渋沢せこくてヘタレだなー(笑)栄一のお従弟さんです。
金の羽振りのよさで人心掌握する渋沢と、人徳でがんばるんだけどなかなか渋沢に勝てない天野ら。苛々が伝わってくるようです。
その喧嘩に振り回されてるエノさんたちはいい迷惑そうでした…(笑)

『浪華城焼打』 田中顕助(土佐)
「花屋町の襲撃」「土佐の夜雨」などでも顔を出してるんですが、田中君の登場ですーv高杉の忠犬。(嫌な認識)
童顔で、稚児とまでいわれてしまった田中君に山田様の面影を見ました…。(嫌な共通点)思ったより強かで抜け目ない感じのキャラクターに仕上がってたので、むしろ山田様と伊藤を足して割ったような感じかもしれません。
田中君入門(え)にはよい一遍かと思います。
むしろこの「幕末」と言う一冊に一番多く出てるのが多分田中君です。田中君オムニバス?(笑)

『最後の攘夷志士』 市川精一郎(三枝蓊(しげる))VSパークス
田中君がやっぱり出張ります。かわいいやつです。器は中ぐらいです。大きくもないけど小さくもない。
幕末「攘夷」明治「開国」という維新志士の矛盾を痛く突いて来ます。ラストが切ない。

『青年 《若き日の伊藤博文 井上馨》(下)』 林房雄 

禁門の変~四国艦隊下関砲撃事件(1864)まで。
四国艦隊との和議のために縦横無尽に駆けずり回る伊藤・井上・高杉。特に高杉の頭脳と行動力にはやっぱり頭が下がる…!インテリ大好き!
初めて聞ちゃんの暗殺未遂事件を読むことになるかと思いきや、そこまでは行きませんでした。
傷だらけの聞ちゃんを見てぽろぽろと涙をこぼす伊藤(史実)が読みたかった…。(お黙りやがれ)
前巻同様キャラがよく、やや前時代的な感覚の表現もあるものの、そこまでは気になりません。
むしろなんとはなしに、アーネストたち従軍外人たちのエセ外人っぽさが気になりました(笑)
山口の海や自然の描写の美しさも特筆したい。山口への、というか日本への、というか、林さんの好意が溢れるようでした。
出来ることなら続編も読みたい。品薄なので、頑張って探したいところ…。

『青年 《若き日の伊藤博文 井上馨》(上)』 林房雄 

元治元年の伊藤・井上ロンドンから帰国~禁門の変直前まで。
とにっかく伊藤と井上がカッコいいですね!いいコンビ!
あと牢獄の高杉を井上が見舞ってみたり(凄く好きなシーン)、伊藤・井上・高杉、とトリオで仲良しです。ごっつ青春!走れ青春!
人物描写も「青い好青年」方向なので、伊藤・井上の女好きっぷりが嘘のように強調されてません(笑)伊藤に女遊びを教える桂さんにときめいた。
その若々しさで一途に突っ走っては大人たちに振り回される。しょげそうになっても、凹んでも、最後には諦めない。満身創痍だけど当たって砕けろとばかりにぶつかっていく。もーう胸を打たれます。
高杉と伊藤は割りとセンチメンタルに詩とか作って思案に耽っている姿が描かれてるのですが、その浮き沈みの仕方は自分にも覚えがあるもので、青臭いこの子らが可愛うて詮無かったです。
伊藤は口数少なに頭が回り、心がへこんでも笑ってしまえるようないわゆる「賢い子」で、青くて可愛い。
井上は向こう見ずだけど義に厚く、「武士らしい武士」の誇りを持ってる印象。突っ走るその勢いが若いのですよ。
高杉は理知的。静かに熱い。リーダー・カリスマ・肝っ玉。でもセンチメンタル。男前可愛い。
因みに伝説の膝枕はこの巻(爆)やってくれやがるぜ!!(笑)

ところでこの本はアーネスト・サトウ視点と長州視点が繰り返し出てくるんですが、サトウの可愛さに気付いてしまったよ…!!
サトウ!サトウ!可愛い!お茶目!若い!伊藤や井上、高杉たちと近い感覚を持った「若者」として描かれてるサトウ。良いキャラでした。

『小ナポレオン山田顕義 剣と法典』 古川薫 

長州は『用兵の鬼才』『小ナポレオン』『法典伯』こと山田顕義が主人公。
生まれ~お亡くなりになるまでざくざく撫でて下さっています。
というか正確にはしょっぱなの描写は、日本大学さんによる市の墓所整備からなのですよね。
そのあたりから一貫して『山田暗殺説』を支持しているらしい古川さんは、随所にそれに関する伏線を引いて下さっているようでした(笑)にやりと来ます(笑)
せりふやエピソードというより、本人の書き物や時事描写重視。
そのため『抵抗の器』や『五稜郭を落とした男』よりやや固いかな、と思いましたが、怒りっぽくて気が強く男前の『抵抗』市と、かわいくってかわいくって男前な『五稜郭』の市とのちょうどバランスよく真ん中、な市のような気がしました。
一部『天辺の椅子』(古川薫)の描写と同じ部分があって微妙にリンクがされてます。なので児玉もちらと顔を出していましたv
人物描写では、今までで一番龍子ちゃんとひな子さんの描写が可愛かったですv
二人の女性がしっかりした人で、どろどろの恋愛模様にならないあたり私の肌に合いました(笑)
火花散るバトルという意味では山県VS山田より(ここではそこまで険悪そうではなかった。抵抗~よりは)、陸奥VS山田が楽しい・・・!
市が心血注いで作った民法と商法が公布のみで、衆議院と貴族院で握りつぶされちゃうくだりは切なかった(;;)
原・犬養・尾崎関係の本が初期議会話は乗せていたけど、予算の話で忙しくて民法・商法話が書いてあった記憶がありません。
野党がどうして反対したのかも少し詳しく知りたいです。

続きを読む

『天辺の椅子―日露戦争と児玉源太郎』 古川薫 

児玉が主人公の伝記小説。誕生からお亡くなりになるまでです。
幼少時のエピソードは杉山(茂丸)の『児玉大将伝』の方が詳しいです。児玉特有のちゃめっ気いたずらっ気満載のエピソードも杉山の方が多く収録していたのでは。
ただ『天辺の椅子』は杉山著ではだけあって、杉山本人が絡むインパクト激大エピソードがひとつ収録されているのが美味しい。
そういう中身の割かれ方の差は、『天辺~』が「軍人」児玉源太郎、というところに焦点を当てているためではないかな、と思います。

また、『天辺~』の児玉は才能溢れつつも等身大な印象。
日露の評価や実情もはっきりしてきている今なので、日露に当たっての児玉の動きに関しても、良し悪し両面扱われています。
長州の支藩徳山出身な児玉が主人公なだけあって山田以外にも長州閥は割と出演しています。
乃木の自殺願望が強い。でもちょっと司馬式乃木さんより人間らしさ、悪く言えば功名心や自己顕示欲的なものを感じた。長州閥じゃないけど後藤新平との微妙な関係も面白い。
でも一番興味が湧いた関係はメッケルと児玉でした。
古川式児玉は、山田に並ぶ恩師としてメッケルを挙げてるんですよね。
ドイツに留学(というのか)している間の児玉について調べるのも楽しそうです。


天辺の椅子―日露戦争と児玉源太郎 (文春文庫)天辺の椅子―日露戦争と児玉源太郎 (文春文庫)
(1996/05)
古川 薫

商品詳細を見る

続きを読む

『抵抗の器 小説山田顕義』 もりたなるお 

小ナポレオンこと山田顕義を主人公に据えた小説。時期的には岩倉さんの使節団が帰ってきた辺り~西南戦争集結まで。西南戦争のはしょりっぷりは激しかった…山川の出番を期待したのにあえなく撃沈。
軍才に恵まれながらも友達に恵まれず(…)漲る才・知・気力を揮うまもなく陸軍を追われる山田の姿は切ないです。
抑圧感がある分、佐賀の乱・西南戦争で軍事畑に引き戻されたときのイキイキな気持ちがいっそう引き立って感じられました。
『歳月』では大久保VS木戸のバトルが根深く熱く激しかった印象がありますが、こちらの木戸さんは久保さんに対して左程毒も吐かず大人しいです。
久保さんの意図が何処にあるのかを伊藤に尋ねてみたりしてなんだか柔らかく仕上がっている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。