スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の読了本まとめ 

■咲くや、この花 左近の桜
読了日:09月04日 著者:長野 まゆみ

■ドーヴィルの花売り娘 (名探偵エミールの冒険 1)

■リヴィエラを撃て (新潮ミステリー倶楽部)
読了日:09月15日 著者:高村 薫

■列車消失 (講談社ノベルス アC- 22 綾辻・有栖川復刊セレクション)
読了日:09月16日 著者:阿井 渉介

■美濃牛 (講談社文庫)
モチーフや展開に、国内古典ミステリにあるような作為的なおぞましさを見ました。その暗さと、反対に人当たりの良い石動の存在とがどこかちぐはぐなのが面白い。横溝先生の金田一ものを読んでからこちらへきて良かったです。
読了日:09月18日 著者:殊能 将之

■わが手に拳銃を
読了日:09月20日 著者:高村 薫

■鏡の中は日曜日 (講談社文庫)
構成の妙にしてやられました。
読了日:09月25日 著者:殊能 将之

■電人M (少年探偵・江戸川乱歩)
読了日:09月25日 著者:江戸川 乱歩

■黒い仏 (講談社ノベルス)
すみませんラストで盛大に噴いてしまいました。そう来るかwwwこれが殊能作品初読だったら投げていたかもしれません(笑)しかし他の作品ですでに殊能さんと石動・アントニオが好きになっていたこともあり、話の風向きが変わってきても読めました。ミステリ的な解法も提示されてはいますし、宗教関係の記述も面白くて、個人的には楽しめました。
読了日:09月26日 著者:殊能 将之

■李欧 (講談社文庫)
読了日:09月26日 著者:高村 薫

■キマイラの新しい城 (講談社文庫)
本文はすごく楽しめたのですが、解説が嫌味で興ざめしました。
読了日:09月28日 著者:殊能 将之

■亡霊(ゴースト)は夜歩く (講談社青い鳥文庫―名探偵夢水清志郎事件ノート)
全体的にネタがマニアックなんだなあということにこの年でやっと気がつきました。横溝乱歩ルルー島田荘司etc.…元ネタに既読が多くて助かった。
読了日:09月29日 著者:はやみね かおる

スポンサーサイト

Comments

Re: おひさです

FLIPさんお久しぶりです!コメントありがとうございますv
地味に再開してみたものの、ゆえあってネット環境がなくなってしまったのでもうしばらくはゆっくり更新となりそうです。
しかしメーターの通り読むだけは読んでおりますので(笑)またPCが購入できたらブログも動かして行きたいです(´∀`)
どうぞ宜しくお願いします!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/739-0f4fe32e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。