スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ねこのばば』 畠中恵 

お江戸の妖怪ファンタジー小説第三作。短編集。
佐助が大活躍の「産土」がお話の構成・描写など共に秀逸だったと思います。

ねこのばば (新潮文庫) ねこのばば (新潮文庫)
畠中 恵 (2006/11)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

藍色さんへ

トラックバックありがとうございます。
私も遊びに行かせて頂きますね。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dankeschon4310.blog16.fc2.com/tb.php/621-0b0023be

ねこのばば 畠中恵

一太郎に持ち込まれるは、お江戸を騒がす難事件の数々―愛嬌たっぷり、 愉快で不思議な人情妖怪推理帖。ますます賑わう「しゃばけ」シリーズ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。